ビーディング(beading)【靴の構造の名前】ファッションの基礎

履き口に表の革と裏の革の間にもう一枚革を挟んであしらわれる補強とデザインのための革。

アッパーの革を薄くそいで折り返し、テープのようにとめてつかうものです。(切りっぱなしのものもあります)

デザインとしても用いられるし、補強材としても使われます。

画像のものは、折り返し処理の中に紐が入っているもの。

薄く革をそいでいるので、長く履いていると、紐が出てきてしまう場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です