シャンク(shank)【靴の構造の名前】ファッションの基礎

シャンク(shank)とは?

靴の底土踏まずの部分にゆがみを抑えるために入れる芯のことです。

素材は、木材・スチール・カーボン等仕様はさまざまあります。

 

別名「ふまず芯」とも呼ばれています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です