すくい縫い(Inseam sewing)【靴の縫製の名前】ファッションの基礎

すくい縫いとは?

本底(アウトソール)・アッパー(足の甲を覆う部分)・ウェルト(靴の周りに取り付ける細い帯状の革のこと。)を重ねて水平方向に縫いつける縫い方。

すくい縫いをするウェルトは、アッパーとアウトソールの間に位置しており、歩行時には上下両方向から引っぱられる負荷がかかります。なので、縫い付けがあまいと糸が緩んできて靴底が浮いてきてしまいます。

なので、締めながら縫うという作業になります。

緩みの防止と防水効果のために、松脂を浸透させることが一般的です。

 

View this post on Instagram

 

縫い。 #靴#shoes  #ブーツ#boots #ソール交換 #オールソール #ウェルト #手縫い#ハンドソーン #handsaw  #ハンドメイド #handmade

boogieさん(@agm696)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

#regal #リーガル #shoes #靴 #シューズ #leathersneakers #kotd #ootd #sneakers #casualshoes

REGAL  リーガルメンズさん(@regalmens_official)がシェアした投稿 –


すくい縫いをしているところの動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です